Covid-19の後に中国に入る外国人のための規則

2020年3月26日の中国の発表によると:2020年3月28日の0:00から、外国人は現在有効なビザと居住許可を持って中国に入国することを一時的に停止されます。APECビジネストラベルカードを持っている外国人の入国は停止されています。港湾ビザ、24/72/144時間トランジットビザ免除、海南ビザ免除、上海クルーズビザ免除、香港とマカオからの外国人が香港とマカオからのグループで広東に入国するための144時間ビザ免除などのポリシーASEAN観光グループの広西ビザ免除は停止されています。外交、公式、礼儀正しく、Cビザでの入国は影響を受けません(これのみ)。必要な経済、貿易、科学技術活動、および緊急の人道的ニーズに従事するために中国に来る外国人は、海外の中国大使館および領事館からビザを申請することができます。発表後に発行されたビザを持つ外国人の入国は影響を受けません。

2020年9月23日の発表:2020年9月28日の0:00から、有効な中国の仕事、個人的な事柄、団体居住許可を持っている外国人の入国が許可され、関係者はビザを再申請する必要がありません。外国人が保有する上記3種類の居住許可が2020年3月28日の0:00以降に失効した場合、中国に来る理由が変わらない限り、保有者は失効した居住許可および関連資料を使用して海外の中国外交使節団に申請することができます。 。博物館は、国に入国するための対応するビザを申請します。上記の担当者は、中国のエピデミック防止管理規則を厳守する必要があります。3月26日、他の措置は引き続き実施されると発表された。

その後、2020年の終わりに、英国の中国大使館は2020年11月4日に「有効な中国のビザと居住許可を持っている英国の人の一時的な入国停止に関する通知」を発行しました。英国、フランス、イタリア、ベルギー、ロシア、フィリピン、インド、ウクライナ、バングラデシュはすべて、2020年11月3日以降にこれらの国の外国人が問題を保持する必要があるという趣旨の発表を行いました。中国に入国するためのビザ。これらの国の外国人は、中国での就労、私事、およびクラスターの居住許可を保持している場合、中国への入国を許可されていません。

3月28日から11月2日までのこれらの国の外国人のビザは有効性を失いませんでしたが、地元の大使館と領事館はこれらの外国人が直接中国に行くことを許可せず、健康宣言を取得しませんでした(後で変更されましたHDCコード)。つまり、これらの国からの外国人が3月28日から11月2日までの間に上記の3種類の居住またはビザを保持している場合、他の国(米国など)に入って中国に行くことができます。


投稿時間:2021年8月10日